一日一生 ベストをつくそう!

ピアノもイカしてるイケメンの現代男性jazzシンガーとは?

目次

こんにちは〜〜キース@jazzスタンダードです!

ピアノも上手くて歌もうまい!

そしてイケメンときた!

同じ男としてなんと羨ましいことか!

トニー デセールはそんなjazzシンガーです。

トニー デセールのプロフィール

1975年11月21日にアメリカのニューヨーク州グレンズ フォールズ生まれ。イタリア系アメリカ人。

11才の頃からピアノを習い始める。

ビル エヴァンス、エロール ガーナー、オスカー ピーターソンに影響を受け、その後、フランク シナトラ、トニー ベネットを聴き、自らも歌い始めて、18才になる頃にはクラブで歌い始める。

イターキー大学に進学後、友達とトリオを組んでパフォーマンスをする。

1998年からは、マンハッタンのホテルやオフブロードウェイで演奏する。

そしてアポロシアターに出演中の7弦ギタリスト、バッキー ピザレリの目に留まり、2005年に「Want You」でデビュー。

トニー デセールの魅力

端正なルックスで歌もピアノも上手い。

フランク シナトラと、トニー ベネットがアイドルだというところが特に好感持てます。

そして何より、jazzスタンダードソングをこよなく愛してることがアルバムを聴いてみるとわかります。

あくまでjazzにこだわった音作りに好感が持てますね〜〜

現代の男性シンガーは、ポップスやロックのサウンドに足を突っ込みすぎな感がしているんですが、トニー デセールは、あくまでjazzにこだわったところが貴重な気がします。

トニー デセールのオフィシャルサイト

トニー デセールのオフィシャルサイト

トニー デセールの動画

オススメのアルバム

Night Life(Live In Studio)


Night Life (Live in Studio)

まとめ

いかがでしたか?

男性jazzシンガーは、女性に比べて少ないので、

トニー デセールの存在は貴重なのです。

もちろん他にも若手の男性jazzシンガーはいますが、トニー デセールほどjazzスタンダードソングを愛する男性シンガーはいるのでしょうか?

それは、音源が全てを物語っているのですよね!

参考書籍


ジャズ・ボーカルにくびったけ!

Posted from SLPRO X for iPhone.