ジャズ男性ボーカリスト・伝説編ベスト5

音楽

ジャズボーカリストは女性の方が多いと聴きますが、男性ボーカリストも素晴らしいボーカリストはたくさんいます。


今日は、わたしのセレクトしたジャズ男性ボーカリストベスト5をエントリーします。

スポンサーリンク

男性ジャズボーカリスト伝説編

フランク シナトラ

1915年にアメリカのニュージャージー州に生まれる。

20世紀を代表するボーカリストです。

素晴らしい歌唱力は「ヴォイス」と言われたそうです。バーで歌っていたところ、スカウトされデビュー。ボーカリストを中心に活動しましたが、映画俳優としても活躍しました。単なるボーカリストにとどまらず当時の多数の政治家、大統領との交流も深くあったそうです。

フランク シナトラの歌唱力は、芸術の域まで高めたとの評価がありますが、それは聴き込んでいくほどわたし自身も感じています。

オススメのアルバムはこちらです。


スイング・イージー


Nice N Easy


Where Are You


Close To You And More


In the Wee Small Hours

チェット ベイカー

1929年にアメリカのオクラホマ州に生まれる。

チャーリー パーカーに認められ1952年〜1953年パーカーのバンドで活動。トランペッターとともにボーカリストとしても活躍しました。その中性的な声質は、アンニュイな魅力があります。

ジャズ界のジェームズ ディーンと呼ばれるほどの美貌でししたが、麻薬がらみのトラブルが絶えず一時、活動を休止。1973年に復活をしてヨーロッパに拠点を移し活動しましたが1988年アムステルダムのホテルのまどから転落して逝去。

オススメのアルバムはこちらです。


チェット・ベイカー・シングス

ナット キング コール

1919年にアメリカのアバラマ州に生まれる。

19才の時、兄が在籍するバンドでピアノを担当し、初のレコーディングを行う。

その後あるきっかけで歌も歌うようになる。

ジャズからポピュラーまで人気を獲得する。

1965年に逝去。

ナット キング コールは、最初はピアニストとしてデビューしましたが、たまたま歌う機会があり、「ルート66」「モナ リザ」などスタンダードナンバーとなった曲も多数あります。

素晴らしいリズム感と艶のある声が素晴らしいボーカリストです。

オススメのアルバムはこちらです。


Complete After Midnight Session

メル トーメ

1925年にアメリカのシカゴに生まれる。

フランク シナトラと並ぶジャズ男性ボーカリストのスターでした。作曲家、編曲家、ドラマー、俳優と多彩な才能で活躍しました。

メル トーメは、歌がほんとに上手いと感じます。

声量の少なさをマイクを駆使してカバーしたそうです。また、単なるボーカリストではなくピアニストなどマルチな才能を発揮した。

オススメのアルバムはこちらです。


メル・トーメ・スウィングス・シューバート・アレイ

ルイ アームストロング

1901年にアメリカのニューオーリンズに生まれる。

サッチモというニックネームでも知られている。

少年院のブラスバンドでコルネットに出会い、音楽に目覚める。ローカルなダンスミュージックをジャズに発展させた。1971年に逝去。

ルイ アームストロングは、トランペッターであり、シンガーでもあった。音程の良さがダミ声でも素晴らしいボーカリストとして認知されたのです。

もともとは、トランペッターだったが、たまたま歌うことになり、ボーカリストとしても素晴らしい功績を残しました。「この素晴らしき世界」は、あまりにも有名ですよね。

オススメのアルバムはこちらです。


この素晴らしき世界


サッチ・プレイズ・ファッツ +11

まとめ

いかがでしたか?

男性ジャズボーカリストの伝説編ベスト5を勝手にセレクトしてみました。

もう、ライブで聴くことはできませんが、音源はたくさんありますので、是非、聴いてみてくださいね〜

参考書籍:
ジャズ・ボーカルにくびったけ!

Posted from SLPRO X for iPhone.