ジャズ女性ボーカリスト(現代)のオススメをジャズスタンダードマニアの私が厳選

ジャズ

ジャズスタンダードソングは芸術の域に達しています。そんな、スタンダードソングを素敵なアレンジで様々なジャズ女性ボーカリスト達が歌い継いでいます。


今回は、2017年9月16日土曜日の時点で現役で活躍している主にジャズスタンダードソングをメインに歌っている女性ボーカリストの中から、ジャズスタンダードマニアのわたしが厳選したベスト5を紹介します。

スポンサーリンク

現代女性ボーカリスト

ダイアナ クラール

カナダ生まれ。

バークリー音楽大学卒業後アメリカ西海岸でジャズピアニストのジミー ロウルズに師事。

1990年代に入りアメリカのニューヨークに拠点を移し1995年にメジャーデビュー。

ダイアナ クラールは、ピアノを弾きながら歌うスタイルがほとんどですが、イーグルスのカバー曲のDesperadoでは、ピアノは、他のピアニストに任せていますね。

ダイアナ クラールの歌うジャズスタンダードソングは、彼女の手にかかればアンニュイな雰囲気を醸し出して素晴らしい世界を歌い上げるまさに世界の歌姫です。

オススメのアルバムはこちら


ライヴ・イン・パリ


フロム・ディス・モーメント・オン


ザ・ガール・イン・ジ・アザー・ルーム


Quiet Nights (Int’l iTunes)

ダイアン リーブス

1956年アメリカのデトロイトに生まれる。

1981年にデビューアルバムリリース。

エレガントで正確な音程でジャズスタンダードソングを聴かせてくれます。

オススメのアルバムはこちら。


サラ・ヴォーンに捧ぐ+1


ブリッジズ


【メール便送料無料】Dianne Reeves / When You Know (輸入盤CD) (ダイアン・リーヴス)

ロバータ ガンバリー二

イタリアのトリノに生まれる。

北イタリアのジャズクラブで17才から歌い始め、多数の音楽祭に出場。

1998年にニュー・イングランド音楽院の奨学金を得て、活動拠点をアメリカに移す。

驚異的な音域の広さと、確かな歌唱力が魅力です。

オススメのアルバムはこちら。


イージー・トゥ・ラヴ


ラッシュ・ライフ


ソー・イン・ラヴ


Connecting Spirits (The Jimmy Heath Songbook)

ニッキ パロット

オーストラリアのニューカッスル出身。

4才でピアノを始め、その後、フルートを始める。

15才からベースに転向する。

高校卒業後、シドニー音楽院でジャズを学ぶ。

1994年にニューヨークに渡り、音楽活動を開始する。

ジャズボーカリストであり、ベーシストでもある珍しいスタイルです。

フレットが無い、コントラバスを弾きながら歌を歌うのだから驚きです。

オススメのアルバムはこちら。


Moon River


Autumn Leaves

ケイコ リー

21才から独学でピアノを始める。その後ピアニストとして、ジャズやシャンソンの伴奏を経験後、シンガーに転向。

ケイコ リーの声質は独特です。

スモーキーボイスがとても魅力的。

オススメのアルバムはこちら。


ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ


Keiko Lee sings super standards 2


Keiko Lee sings THE BEATLES


アナザー・サイド・オブ・ケイコ・リー


デライト


フラジャイル


ヴァイタミン K


フーズ・スクリーミン

まとめ

いかがでしたか?

聴いたことがあるジャズシンガーはいましたか?

ジャズスタンダードソングを聴いたことがないあなた、または、これから聴いてみたいあなたに、

まずはオススメのジャズシンガーとアルバムをご紹介しました。

是非聴いてみてジャズスタンダードソングの魅力を味わい、ライブにも足を運んでみてくださいね〜

参考図書:ボーカルにくびったけ

Posted from SLPRO X for iPhone.