一日一生 ベストをつくそう!

日本にエンターテイナーという言葉を持ち込んだ伝説の男性シンガーとは?

こんにちは〜〜キース@jazzスタンダードです!

サミー デイビス ジュニアは、日本に来日してエンターテイナーという言葉を持ち込みました。

目次

サミー デイビス ジュニアのプロフィール

1925年にアメリカのニューヨークのハーレムに生まれる。子供の頃から、ショウビジネスで活動して人気を得るが、黒人差別により、一流劇場での出演は遅かった。

しかし、フランク シナトラ との出会いによって世界的なシンガーとなっていく。人種差別や交通事故での失明などの障害を乗り越えて、歌とダンスで素晴らしいエンターテイナーとになる。

1990年に逝去した際は、ラスベガスは、いっせいにライトを消したそう。

サミー デイビス ジュニアの魅力

サミー デイビス ジュニアを改めて意識して良いなと感じたのは、Bye Bye Black Birdの彼の音源を聴いた時です。

「イカしたアレンジとセクシーなオトコの声質」が素敵だと感じました。それ以降、数え切れないほどの、Bye Bye Black Birdの他のシンガーの音源を聴きましたが未だ、彼ほどイカしてるシンガーはいません。

日本にエンターテイナーという言葉を持ち込んだのは、彼の功績で、あの、フランク シナトラ を親分と仰ぐ、シナトラ 一家の重鎮だったことも有名です。

サミー デイビス ジュニアは、声質がとても良く、声量があり、歌がめちゃ上手いシンガーですね。

サミー デイビス ジュニアの動画

オススメのアルバム

Our Shining Hour

カウント ベイシーとの共演のアルバム。

サミー デイビス ジュニアのスタンダードとブルースが渋い!


アワ・シャイニング・アワー(紙ジャケット仕様)

まとめ

いかがでしたか?

サミー デイビス ジュニアは、声量があり声質が良いですね〜〜

私は、日本でCMに出ていたこちらを覚えてます。

イカしてますよね〜〜

参考書籍


ジャズ・ボーカルにくびったけ!

Posted from SLPRO X for iPhone.