一日一生 ベストをつくそう!

シナトラ のために多くの曲を書いた伝説の男性シンガーとは?

こんにちは〜〜キース@jazzスタンダードです!

マット デニスは、粋なピアノ弾き語りのjazzシンガーで、ソングライターです。

目次

マット デニスのプロフィール

1914年にアメリカのシアトルに生まれる。

1933年にピアノ弾き語りスタイルでプロ活動を開始し、1940年にトミー ドーシー楽団に作曲家とアレンジャーとして参加する。

「Anjel Eyes」「The Night We Call It A Day」など数々のスタンダードソングを作曲。

「Everything Happens To Me」は、

フランク シナトラ の初期の大ヒット曲となった。

2002年に逝去。

マット デニスの魅力

マット デニスは、数々のスタンダードソングを作曲した素晴らしいソングライターであり、ピアノ弾き語りの名手でもありました。

1940年にトミー ドーシー楽団に作曲家とアレンジャーとして参加し、フランク シナトラ の座付作家のようなことをやっていた時代がありました。

フランク シナトラ には、マット デニスの作ったスタンダードソングがたくさんあります。

マット デニスとフランク シナトラ の絆は音楽で結ばれていたんでしょうね!

代表的なスタンダードソングの「Anjel Eyes」は、

フランク シナトラ の十八番だったようです。

ソングライターであり、自らピアノ弾き語りをするjazzシンガーの存在は、現在では男性ではなかなかいない状況ですが、当時は、多くの男性ピアノ弾き語りシンガーがいたらしいです。なかなか厳しいのですかね〜

それにしても、マット デニスは、シンガーソングライターの草分け的なだったのですね〜〜

マット デニスの動画

オススメのアルバム

Matt Dennis-Four Complete Albums

マット デニスのピアノ弾き語りの音源です。

48曲の約半分は、彼自身のソングライティングです。

歌唱は、細かいビブラートが特徴で、

粋なjazzシンガーの感じが音源を聴けば味わえますよ〜


Welcome Matt: Four Complete Albums Including

まとめ

いかがでしたか?

マット デニスは、シンガーソングライターの草分け的な存在でした。現在では当たり前な感じなピアノ弾き語りですが、男性jazzシンガーとなると少ない気がします。

素晴らしい男性jazzシンガーでピアノ弾き語りのシンガーが出てくることを期待したいです。

参考書籍


ジャズ・ボーカルにくびったけ!

Posted from SLPRO X for iPhone.