ブランフォード マルサリスのEternalは美しいテナー サックスが魅力のjazz名盤

こんにちは〜〜キース@jazzスタンダードです!

ブランフォード マルサリスのアルバムEternalは、とても美しいサウンドだと感じます。

Eternal/ブランフォード マルサリス

ブランフォード マルサリスのアルバムEternalは美しいサウンドが心地良い音源です。

夜にリラックスしたいとき聴きたい音源ですね。

なんだか心が洗われるようなサウンドだと感じます。

  1. The ruby and the pearl
  2. Reika’s loss
  3. Gloomy sunday
  4. The lonely swan
  5. Dinner for one please james
  6. Muldoon
  7. Eternal
  • Branford Marsalis(ts,ss)
  • Joey Calderazzo(p)
  • Eric Revis(b)
  • Jeff “Tain” Watts(ds)


エターナル

ブランフォード マルサリスのプロフィール

1960年8月26日にアメリカのルイジアナ州ニューオーリンズに生まれた。

ジャズのサクソフォーン奏者。

4歳からピアノを始めて、15歳からサクソフォーンを始めた。

バークリー音楽大学で学び、1980年代前半は、アートブレイキーのビック バンドで、クラーク テリーとの共演、ブレイキー&ジャズ メッセンジャーズに参加してプロ活動を開始した。

1982年〜1985年には、弟のウィントン マルサリスとクインテットで活動し、1985年にスティングのビック バンドに加わった。

マイルス デイヴィスの後期のバンドにツアー

メンバーとして活動。

1986年には、自身のグループを編成して活動開始してアルバムをリリース。

父親は、ピアニストのエリス マルサリスで、父親と共に、「マルサリス ミュージック」を立ち上げた。

まとめ

いかがでしたか?

ブランフォード マルサリスの父親は、ピアニストで、兄弟は全員がジャズ ミュージシャンです。

素晴らしいことですね〜〜

音楽一家なんですね。

是非、ブランフォード マルサリスのEternalを聴いてみて下さい。

きっと癒されますよ!

Posted from SLPRO X for iPhone.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク