一日一生 ベストをつくそう!

エディ ルイスのサマー タイムはお洒落なサウンドが魅力のjazz名盤

目次

こんにちは〜〜キース@jazzスタンダードです!

エディ ルイスはベテランのオルガン奏者。

お洒落なサウンドが魅力のアルバム「サマー タイム」をシェアしますね。

サマー タイム/エディ ルイス

お洒落なサウンドが魅力のサマー タイムは、

オルガン奏者のエディ ルイスのアルバム。

特に「pour toujours」が素晴らしいですね。

もちろん、他の音源も素晴らしいです。

とにかく、雰囲気がフランス的。

オルガンプレイもとても素敵な音色です。

聴いていて癒されますね。


サマー・タイム

エディ ルイスのプロフィール

1941年にフランスに生まれた。

1960に、コーラス グループの「ダブル シックス オブ パリ」の伴奏者となる。

1969年に批評家投票でオルガン部門で新人賞を受賞した。

その後、ダウンビート オールスターズ イン ヨーロッパの一員となり、ダニエル ユメールやジャン リュック ポンティ等と共演した。

1971年には、スタン ゲッツのアルバム「ダイナスティ」でのオルガン プレイが再評価される。

2015年6月30日に逝去。

まとめ

いかがでしたか?

エディ ルイスのオルガンはお洒落な音色が魅力的ですね〜〜

是非音源を聴いてみてくださいね〜〜

Posted from SLPRO X for iPhone.