一日一生 ベストをつくそう!

大人の哀愁を感じるダミ声な現代男性jazzシンガーとは?

目次

こんにちは〜〜キース@jazzスタンダードです!

スティーヴ タイレルは、男の哀愁を感じさせるダミ声がとてもイカしてるjazzシンガーです。

スティーヴ タイレルのプロフィール

アメリカのテキサス出身のjazzシンガー。

R&Bに造詣が深く、18才の時に地元のクラブで人気を博していた時、レコード会社のA&Rに就任。

ディオンヌ ワーウィックのアルバムを手がける傍ら、作曲家としても活躍。数々のヒット曲を生む。

1999年に初のソロアルバムをリリース。

ブルージーで哀愁のある独特な声質が魅力。

スティーヴ タイレルの魅力

スティーヴ タイレルは、ダミ声でjazzを歌う。

お世辞にも美声とは言えないが(失礼)、音源を聴くとなんとも言えない魅力があるんですよね〜〜

フランク シナトラと同じ、イタリア系という事から、シナトラ のナンバーを多く歌っていて、

ロジャース ハートの「魅せられて」は、ヴァースから歌っているようですし、バード バカラックに入れあげているそうで、愛妻が亡くなったときは、バード バカラックのピアノで歌は、ジェームス イングラムで「ハウス イズ ノット ア ホーム」で送ったそうです。

オススメのアルバム

Back To Bacharach

ダミ声で聴かせる哀愁ある男の世界が味わえる名盤。


バカラックへの想い

スティーヴ タイレルの動画

まとめ

いかがでしたか?

スティーヴ タイレルは、音源を聴けばわかりますが、けして美声ではないです(失礼)。

しかし、その独特の歌唱は他のシンガーには真似できない男の哀愁があります。

是非、聴いてみてくださいね〜

参考書籍


ジャズ・ボーカルにくびったけ!

Posted from SLPRO X for iPhone.