jazz名盤・艶やかなjazzが聴ける女性jazzシンガーとは?

音楽

こんにちは〜〜キース@jazzスタンダードです!

キャロル ウェルスマンは、伝説のjazzピアニストの故オスカー ピーターソンが激賞したという女性jazzシンガーです。

キャロル ウェルスマンのプロフィール

カナダに生まれる。

祖父は、トロント シンフォニー オーケストラの創始者。

バークレー音楽院に入学し、ピアノを専攻。

トロントでデイヴ ヤングなどのミュージシャンと共演した後、フランスでボーカルを学び作曲も開始。1990年からカナダにてプロとして活動を開始する。その後、1994年にアルバム「LUCKY TO BE ME」をリリース。

キャロル ウェルスマンの魅力とは?

同じカナダ出身のダイアナ クラール同様、ピアノも弾きます。あのバービー ハンコックがそのピアノに惚れ込んだそうだからかなりの腕前なのでしょうね。

祖父は、トロント シンフォニー オーケストラの創始者だし、父親は、アマチュアバンドでテナーやクラリネットを吹き、母親はピアノの教師と恵まれた音楽環境ですね〜〜

しかし、jazzは実力の世界ですので、カナダでの人気はその実力を認められた結果なんですね。

日本に来日した際は、ライブに行きたいと思うjazzシンガーですね〜

オススメのアルバム

Alone Together

クールでエレガントなスタンダードソング集。

良いですね〜〜

アコースティックなバックとキャロル ウェルスマンの艶やかな歌声が素敵なアルバム。

Alone Together

まとめ

いかがでしたか?

キャロル ウェルスマンは、jazzの巨匠、故オスカー ピーターソンとバービー ハンコックに惚れ込まれた実力派。是非、音源を聴いてみてくださいね〜〜

私自身、彼女のライブに行きたくなりました!

参考書籍:ジャズボーカルにくびったけ

Posted from SLPRO X for iPhone.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
音楽
スポンサーリンク
keithjazzlifeをフォローする
One a lifetime