一日一生 ベストをつくそう!

jazzスタンダードソングを多数書いたコール ポーターのベスト10

目次

こんにちは〜〜キース@jazzスタンダードです!

コール ポーターは、アメリカ人のみならず今でも多数の人々に愛されている、スタンダードソングを多数書いた天才です。

選ぶことなんて出来ないけれど無理矢理厳選したベスト10!

では、行きましょう!

コール ポーターのプロフィール

1891年6月9日にアメリカのインディアナ州に生まれた。

6才でヴァイオリン、8才でピアノを習う。

20才になるまで数百の曲を作曲した天才。

1920〜1930年代のブロードウェイで最も人気があった作曲家だった。彼の曲は、フランク シナトラ やエラ フィツジェラルドなどに歌われスタンダードソングとなって今でも歌い継がれる名曲が多数ある。1964年に腎不全のためカリフォルニア州サンタモニカで逝去。

ベスト1

I’ve Got You Under My Skin/フランク シナトラ

1936年にコール ポーターの作詞、作曲による作品。

フランク シナトラ の動画でどうぞ!

ベスト2

I Get a Kick Out Of You/フランク シナトラ

1934年のブロードウェイミュージカル「Anything Goes」で最初に使われたコール ポーターの曲。

その後、フランク シナトラ やエラ フィッツジェラルドなど多数のシンガーが歌い、現在でも親しまれているスタンダードソングです。

フランク シナトラ の音源でどうぞ!


I Get a Kick Out of You

ベスト3

Just One Of Those things/キャロル ウェルスマン

1935年のミュージカル「ジュビリー」のために書かれたコール ポーターの曲。

キャロル ウェルスマンの音源でどうぞ!


Just One Of Those Things

ベスト4

エニシング ゴーズ/エラ フィッツジェラルド

1934年に初演されたブロードウェイミュージカル「エニシング ゴーズ」で使われた、コール ポーターの曲。

その後多数のシンガーに歌われ継がれ、スタンダードソングとして現在でも親しまれています。

エラ フィッツジェラルドの音源でどうぞ!


エニシング・ゴーズ

ベスト5

You’d Be So Nice To Come Home/ヘレン メリル

コール ポーターの作曲で1942年に公開された映画「Something to shout about」の挿入歌。

その後、多数のシンガーに歌われ、現在でもスタンダードソングとして親しまれています。

日本では、ヘレン メリルの音源がCMに起用されましたね〜〜

ヘレン メリルの動画でどうぞ!

ベスト6

Lave For Sale/エラ フィッツジェラルド

1930年にブロードウェイミュージカル「ザ ニューヨーカーズ」で使用されたコール ポーターの曲。

その後多数のシンガーに歌われ、スタンダードソングとして現在でも親しまれています。

エラ フィッツジェラルドの動画でどうぞ!

ベスト7

In The Still of The Night/ジョー スタッフォード

1937年のM G M映画「ロザリー」に使われたコール ポーターは曲。

トランペットボイスと呼ばれた、ジョー スタッフォードの歌唱でどうぞ!


In the Still of the Night

ベスト8

Night And Day/フランク シナトラ

1932年のミュージカル「陽気な離婚」のためにコール ポーターにより書かれた。

その後多数のシンガーに歌われスタンダードソングとしてとして有名な曲です。

フランク シナトラ の音源でどうぞ!


Night and Day (Remastered)

ベスト9

あなたに夢中/フランク シナトラ

1939年にコール ポーターが作詞作曲した曲。

フランク シナトラ の音源でどうぞ!


あなたに夢中

ベスト10

You’re The Top/ステイシー ケント

1934年のミュージカル「Anything Goes」で使用されたコール ポーターの曲です。

ステイシー ケントの動画でどうぞ!

まとめ

いかがでしたか?

コール ポーターは、アメリカなら誰でも知ってる曲をたくさん書いた天才です。

彼の曲は、多数のシンガーに歌われ、ミュージシャンに演奏され、現在でも親しまれているスタンダードソングを残しました。

是非、天才コール ポーターの魅力ある曲を堪能してくださいね〜

Posted from SLPRO X for iPhone.