一日一生 ベストをつくそう!

ジョージ ガーシュウィン song book ベスト10

こんにちは〜〜キース@jazzスタンダードです!

ジョージ ガーシュウィンは、20世紀の作曲家の中でクラシックとジャズを融合させた一人として、今でもその素晴らしい業績は輝いています。

そんなガーシュウィンの楽曲から厳選してベスト10をセレクトしました!

では行きましょう!

目次

ジョージ ガーシュウィンのプロフィール

1898年9月26日にアメリカのニューヨーク ブルックリンに生まれた。

幼少の頃からピアノと和声を学び、1919年に作詞家のアーヴィング シーザーとの共作となる「スワニー」が当時の人気シンガー「アル ジョルソン」に歌われヒットして人気ソングライターとなった。

1920年代以降は、作詞家になった兄の「アイラ ガーシュウィン」とコンビを組み現在、スタンダードソングとして親しまれている「The Man I Love」「But Not For Me」など他にも多数のスタンダードソングを作った。

当時のガーシュウィンにとって、管弦楽法は未知の領域だったが、ファーディ グローフェの協力でジャズとクラシックを融合させた作品の「ラプソディー イン ブルー」を完成させシンフォニックなサウンドを生み出した。

その後、オーケストレーションを独学で学び、いくつかの管弦楽作品を残している。

フォーク オペラ「ポーギーとベス」は、兄のアイラ ガーシュウィンと作家のデュボース ヘイワードの協力を得て書かれ、1935年に初演された評価はあまり良くなかったものの、翌年にニューヨークのブロードウェイ「アルヴィン劇場」での公演は成功し、連続公演が行われた。

劇中歌の「summertime」は現在ではスタンダードソングとしてさまざまなシンガーに歌われ親しまれている。

又、「ポーギーとベス」は現在では、20世紀の代表的なオペラ作品として地位を確立している。

1937年に脳腫瘍の為に逝去。

ベスト1

Someone To Watch Over Me/バーブラ ストライサンド

ガーシュウィン兄弟が1927年のミュージカル「オー、ケイ」の為に作った曲。

1992年のミュージカル「クレイジー フォー ユー」でも使われました。

私自身、この曲大好きです!

バーブラ ストライサンドの歌唱でどうぞ!


Someone to Watch over Me

ベスト2

The Man I Love/エタ ジェームス

1924年のミュージカル「レディー ビー グッド」

の為にガーシュウィン兄弟が書いた曲。しかし、ロードショーの際に使用されただけでブロードウェイ公演では使用されず、1927年に「ストライク アップ ザ バンド」で使用されました。

その後、数々のシンガーが歌いスタンダードソングとして現在でも親しまれています。

エタ ジェームスのソウルフルな歌唱でどうぞ!


The Man I Love

ベスト3

Love Is Here To stay/ハリー コニック Jr.

ガーシュウィンの遺作。

ミュージカル「ザ ゴールドウイン フォリーズ」の為に書かれた未完成の曲。兄のアイラ ガーシュウィンの記憶を頼りにガーシュウィンの弟子であるヴァーノン デュークが完成させました。

ハリー コニック Jr.の素敵な歌唱でどうぞ!


Love Is Here to Stay

ベスト4

Sommertime/ビリー ホリデイ

1935年にオペラ「ポーギーとベス」の為に作曲しました。作詞はデュポーズ ヘイワード。

現在ではスタンダードソングとしてjazzのみならず、ロック歌手もカバーするなど親しまれています。

ビリー ホリデイの歌唱でどうぞ!

ベスト5

A Foggy Day/エラ フィッツジェラルド

兄のアイラ ガーシュウィンと書いた曲。1937年の映画「A Damens In Dressel」の挿入歌となりましたが、残念なことにこの映画の封切りを待たずに、ジョージ ガーシュウィンは脳腫瘍で亡くなりました。

その後多数のシンガーに歌われ、スタンダードソングとして今でも親しまれています。

エラ フィッツジェラルドの歌唱でどうぞ!


A Foggy Day

ベスト6

But Not For Me/ビリー ホリデイ

1930年のミュージカル「ガール クレイジー」の為に、兄のアイラ ガーシュウィンと書いた曲。

様々なシンガーに歌われ、現在でもスタンダードソングとして親しまれています。


But Not for Me

ベスト7

Oh,Lady Be Good!/エラ フィッツジェラルド

1924年に兄のアイラ ガーシュウィンと書いた曲。

その後多数のシンガーに歌われスタンダードソングとして今でも親しまれています。

エラ フィッツジェラルドの素晴らしい歌唱でどうぞ!


Oh Lady Be Good (Remastered)

ベスト8

Slap That Bass/エラ フィッツジェラルド

1937年の映画「Shall We Dance」の挿入歌として、兄のアイラ ガーシュウィンと書いた曲。

エラ フィッツジェラルドの音源でどうぞ!


Slap That Bass

ベスト9

I’ve Got a Crush On You/フランク シナトラ

1928年に、ガーシュウィン兄弟がミュージカル「トレジャー ガール」の為に書いた曲です。

ミュージカルは不評だったのですが、この曲はその後多数のシンガーに歌われ、今でもスタンダードソングとして親しまれています。

わからないものですね〜〜

ベスト10

Embraceable You/ビリー ホリデイ

1928年のミュージカル用にガーシュウィン兄弟が書いた曲。しかし、そのミュージカルは製作中止となってしまいました。

その後、1930年のミュージカル「ガール クレイジー」に起用されました。このミュージカルは好評で、映画にもなりました。1943年の映画版「ガール クレイジー」では、ジュディ ガーランドが主演しました。その後多数のシンガーに歌われ、現在でもスタンダードソングとして親しまれています。

ビリー ホリデイの渋い歌唱でどうぞ!


Embraceable You (Remastered)

まとめ

いかがでしたか?

ジョージ ガーシュウィンの曲はあなたもどこかで聴いたことあるのではないでしょうか?

1937年に37才の若さで亡くなってしまいましたが、彼の曲は今でもスタンダードソングとして親しまれています。素晴らしいことですよね!

Posted from SLPRO X for iPhone.