一日一生 ベストをつくそう!

アルヘイグのInvitationは是非聴いておきたいjazz名盤

目次

こんにちは〜〜キース@jazzスタンダードです!

アルヘイグのピアノは美しいと感じます。

なんというか研ぎ澄まされた感じがするんですよね〜〜

Invitation/アルヘイグ

Invitationは、1974年に収録されました。

久しぶりにリリースしたアルバムだったのです。

チャーリー パーカーのピアニストだったアルヘイグ。

誰よりもこのアルバムのリリースを嬉しかったのは、アル ヘイグ本人だったのではないでしょうか?

どの曲もとても素晴らしい演奏ですね〜〜

  1. holyland
  2. Invitation
  3. enigma
  4. sawbo city blues
  5. if could see me now
  6. sambalhasa
  7. daydream
  8. linear motion
  • Al Haig(p)
  • Gilbert Rovere(b)
  • Kenny Clarke(ds)


Invitation

アル ヘイグのプロフィール

1922年7月22日にアメリカはニュージャージー州のニューアークに生まれた。

ディジー ガレスピー、チャーリー パーカー、

スタン ゲッツらと共演。

又、多くの参加アルバムがある。

1982年11月16日アメリカのニューヨークで逝去。

まとめ

いかがでしたか?

アル ヘイグは、Invitationのリリース後、バップの重要なミュージシャンとして見直されました。

是非聴いてみてくださいね〜〜

Posted from SLPRO X for iPhone.