一日一生 ベストをつくそう!

Charlie Rouse のMoment’s notice まろやかなテナーサックスが素晴らしいjazz名盤

こんにちは〜〜キース@jazzスタンダードです!

Charlie Rouse(チャーリー ラウズ)の魅力は、まろやかな音色のテナーサックスですね〜〜

目次

Moment’s notice/Charlie Rouse

チャーリー ラウズ(Charlie Rouse)のMoment’s notice良いですね〜〜

テナーサックスの音がまろやかで温かみのある音なんです!

とにかく聴いてみてください。

とても聴きやすいアルバムですよ!

  1. The clucker
  2. Let me
  3. Joobobie
  4. Well you needn’t
  5. Royal love
  6. A child is born
  7. Little sherri
  8. Royal Love
  9. Let me
  10. The clucker
  11. Well you needn’t


Moment’s Notice

  • Charlie Rouse(ts)
  • Hugh Lawson(p)
  • Bob Cranshaw(b)
  • Ben Riley(b)

Charlie Rouseのプロフィール

1924年4月6日にアメリカのワシントンD.C.に生まれる。

1959年から1970年まで、セロニアス モンクのカルテットで活動する。

その後、モンクへのトリビュート バンド「スフィア(Sphere)の創設メンバーとしても認知されている。

1988年11月30日に逝去。

Charlie Rouseの動画

まとめ

いかがでしたか?

Carli Rouseのテナーサックスは、まろやかな音色が魅力的です!

是非音源を聴いてみてくださいね〜〜

Posted from SLPRO X for iPhone.