【実例紹介】auとbiglobemobileの料金の比較

あなたがauユーザーでbiglobemobileに移行を検討中で、料金の比較を知りたいなら今回の記事は参考になると思います。

私のauのiphone7での使用料金

私が使用しているauでのiphone7のデータ使用量と料金を書いてみます。

私は、ピタットプラン(スーパーカケホ)で、平日は、自宅と勤務する会社では、WiFiにつないでいて、会社が休みの土日祝日は、自宅にいればWiFiにつないでいます。

そのため、月のデータ使用量は、1~3GBの間を推移しています。

平均で約1.56GBです。

下の画像を見てください。

2018年12月~2019年5月までの通信データ使用量のグラフです。

では、私のiphone7の料金はどのような感じか下の画像を見てください。

2018年12月~2019年5月までの料金のグラフです。

2720円~4363円を推移しています。

平均で約「3566円」です。

biglobemobileに変更した場合の想定料金

では、biglobemobileに変更した場合の想定料金

はどうなるのか?見ていきたいと思います。

現在のauでは2018年12月~2019年5月までで、「0.85GB~2.91GB」を推移していました。

biglobemobileの「音声通話SIM3GBプラン」ですとキャンペーンで6ヶ月間は、月に1200円値引きなので400円(税抜)です。

7か月目からは、1200円となります。

6カ月間は、月に400円、7カ月目からは1200円ですので、現在のauの料金「平均3566円」より6カ月間は、3166円、7カ月目からは2366円安くなりますね。

BIGLOBEモバイル 格安SIM

biglobemobileの通信速度に不安がある

biglobemobileは、auに比べて通信速度に不安があります。

そこで下記のサイトで調べてみましたが、biglobemobileの通信速度は思っていたよりも悪くなさそうです。

biglobemobileは「キャリアメール」が使えない

auは「キャリアメール」が無料で使えますが、biglobemobileは、キャリアメールがつかえません。

私の場合まわりに、一部ガラケーの方がいますのでキャリアメールが使えないのは困ります。

しかし、SMSを使うという手もあります。

また、gmailをガラケーのかたたちにメール受信可能に設定していただくことも可能ですが、これは相手に負担となりますので現実的な方法ではないと思います。

auユーザーはau wallet会員の利点も生かせる

わたしは、au wallet会員ですので、au walletクレジットカードでauの料金をお支払いしていて、買い物もしますので、pontはたまりますしそのpointは毎月のauの支払いにも利用可能です。

「wowma!」の活用でさらにau料金がお得になる

auユーザーで、au wallet会員なら「wowma!」会員になり、ネットで買い物すればau料金がさらにお得になります。

あなたがauユーザーでau wallet会員ならば、ぜひ試してみてください。

biglobemobileのほうがauより大幅に安くなる

結論として、auの料金よりbiglobemobileのほうが大幅に安くなります。

キャリアメールが使えないなど、デメリットがありますが、ガラケーの方たちとは、SMSによる連絡方法もありますのでそれほど心配はないでしょう。

わたしは、自宅の通信は「auひかり」に加入していますので、wallet クレジットはいままで通り使えます。

以上のことから「biglobemobile」への移行を前向きに検討します。

BIGLOBEモバイル 格安SIM

まとめ

いかがでしたか?

私の場合のauとbiglobemobileの料金の比較について書いてみました。

今回の記事があなたの参考になれば幸いです。