Ella & Louisは温かな気持ちになるjazz名盤

ジャズ

こんにちは〜〜キース@jazzスタンダードです!

エラ フィッツジェラルドと

ルイ アームストロングは、どちらも、

温かい人柄が音源から伝わってくるんですよね。

特に、Ella & Louisは、とても大好きなアルバムです。

Ella & Louis

エラ フィッツジェラルドと

ルイ アームストロングの共演アルバム。

素晴らしい音源です。

ハモるところは、息がピッタリ合ってますね〜〜

エラは本当に歌が上手いし、ルイは、渋い、しゃがれた歌声が素敵です。

jazzヴォーカルものの名盤ですね〜

オブリガードで入る、ルイのトランペットが良いし、ルイのトランペットのソロも温かみのある音色で素晴らしい。

収録曲は

  1. Can’t we be friends
  2. Isn’t this a lovely day?
  3. Moonlight in vermont
  4. They can’t take that away from me
  5. Under a blanket of blue
  6. Tenderly
  7. A foggy day
  8. Stars fell on alabama
  9. Cheek to Cheek
  10. The nearness of you
  11. April in paris

1956年にキャピタル スタジオで収録。

  • ルイ アームストロング:ヴォーカル、トランペット
  • エラ フィッツジェラルド:ヴォーカル
  • オスカー ピーターソン:ピアノ
  • レイ ブラウン:ベース
  • ハーブ エリス:ギター
  • バディ リッチ:ドラム


エラ・アンド・ルイ


Ella And Louis

まとめ

いかがでしたか?

とにかく、Ella&Louisは、素晴らしい音源です。

聴いていると、気持ちが温かくなるんですよね〜〜

あなたも是非、聴いてみてくださいね〜〜

Posted from SLPRO X for iPhone.