ペギー リー・ハスキーなヴォイスが魅力的な音源のベスト10はこれだ!

こんにちは〜〜キース@jazzスタンダードです!

ペギー リーは、ハスキーボイスでエレガントな雰囲気を醸し出す音の世界が大好きです!

どの音源も素晴らしいので選ぶのが大変ですが厳選しました!

では行きましょう!

ベスト1

whisper Not

1956年、作曲: Benny Golsonによる曲。

1958年にアニタ オディが歌詞を書いた。

私はペギー リーの音源がとても大好きです!


Whisper Not (20 Bit Mastering)

ベスト2

Blue Prelude

作詞:Gordon Jenkins

作曲:Joe Bishop


Blue Prelude

ベスト3

Doodlin’ Song

作詞:Leigh Carolyn

作曲:Coleman Cy

ベスト4

Chi-baba Chi-baba

1947年

Mack David

Jerry Livingston

Al Hoffman


Chi-Baba, Chi-Baba

ベスト5

Golden Earrings

1947年

作詞:Ray Evans、Jay Livingston

作曲:Victor Young


Golden Earrings (Famous Ladies)

ベスト6

Free Spirits


Free Spirits

ベスト7

It’s All over now

ベスト8

Sweet Happy Life

1959年

作曲:Luiz Bonfa

1963年にノーマン ジンベルが英語の歌詞をつけた。


Sweet Happy Life (Samba De Orfeu)

ベスト9

Light of Love

作詞作曲:ウィンズフィールド スコット


Light of Love

ベスト10

You’ve Got Possibilities

1966年のブロードウェイミュージカルのために、

Charles StrousとLee Adamsにより書かれた曲。

まとめ

いかがでしたか?

ペギー リーは日本人のファンが多かったシンガーです。

是非、ペギー リーの歌唱を聴いてみてくださいね〜〜

Posted from SLPRO X for iPhone.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク