楽器のように声を使いこなした伝説の天才女性jazzシンガーとは?

こんにちは〜〜キース@jazzスタンダードです!

エラ フィッツジェラルドは、歌唱力抜群の伝説の女性jazzシンガーです。

エラ フィッツジェラルドのプロフィール

1918年にアメリカのバージニア州に生まれる。

1934年にチック ウェッブ楽団の専属歌手になる。

ヴァーブでの作曲家シリーズのソング ブックが好評となり、ダウンビート誌の人気投票で、1952年〜1971年まで連続1位になっている。

1986年から引退生活に入り、1993年に糖尿病の合併症のため、両足の切断手術をした。

1996年6月15日にビバリーヒルズの自宅で逝去。

エラ フィッツジェラルドの魅力

エラ フィッツジェラルドは、とにかく歌がめちゃ上手いですね〜〜

ピッチ(音程)は完璧だし、声量はあるし、聴いていて心地よいし、本当に、jazzを歌うためにこの世に生まれてきたシンガーなんだと聴いていて感じます。

現役当時は、jazz界のファーストレディとと呼ばれていたようですね!

それはそうですよね〜ここまで歌が上手くて素晴らしい音源が多数あるのですから。

私自身は、歌唱法のお手本になるシンガーだと本当に感じます。

エラ フィッツジェラルドの動画

https://youtu.be/84mix8BWVoo

オススメのアルバム

Love Letters From Ella

豪華なバックで恋心を歌ったラブソング集。


エラからのラヴ・レター

Ella And Basie

ベイシーバンドをバックにスウィングするエラの歌唱が素晴らしいjazz名盤。


エラ・アンド・ベイシー

Take Love Easy

ジョーパスのギターの伴奏で歌う、エラの歌唱も素晴らしい1枚。jazz名盤です。


Take Love Easy

Ella And Oscar

オスカー ピーターソンの伴奏でのピュアなjazzを堪能できるjazz名盤。


Ella & Oscar

Fizgerald And Pass…Again

ジョーパスのギター伴奏でのシンプルでステキなjazz名盤。


Fitzgerald & Pass Again

まとめ

いかがでしたか?

エラ フィッツジェラルドの音源は多数あり、カバーしているjazzスタンダードソングも多数あります。

私自身は、エラのジョーパスのギター伴奏での音源が大好きです。

歌唱力が素晴らしく良いのでとても参考になるシンガーです。

伝説の天才シンガーは永遠に語り継がれ聴かれていくことでしょう。

参考書籍


ジャズ・ボーカルにくびったけ!

Posted from SLPRO X for iPhone.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク