jazz名盤・アメリカの風土を喚起する心地よい歌声の女性シンガーとは?

こんにちは〜〜キース@jazzスタンダードです!

ノラ ジョーンズは、ハービー ハンコックのアルバムで初めて聴いたのです。

ノラ ジョーンズとの出会い

ハービー ハンコックのアルバム「River:The Joni Letters」にノラ ジョーンズが参加していて知りました。なんて、心地よい歌声なんだろう〜

最初の印象はそんな感じでした。

その後、晩酌をしながらYOUTUBEで、ローリング ストーンズのキース リチャーズとLove Hurtsをデュエットしているノラ ジョーンズを観たらLove Hurtsが大好きになりました。

Love Hurts

ノラ ジョーンズの魅力

癒される歌声が素晴らしいですね〜〜

jazzシンガーではないんですよね〜〜

歌い回しとか…

カントリー調の香りもするし、ジャズの香りもするし、様々な音楽を吸収していて、彼女なりに表現しているシンガーですね〜

ノラ ジョーンズのプロフィール

1979年にニューヨークに生まれ、テキサスで育つ。

母親の膨大なレコードコレクションを聴いて育つ恵まれた環境で音楽の素養を育む。

5才から教会の合唱団でボーカルを始め、7才からピアノを始める。

ノース テキサス大学でジャズピアノを専攻するが、1999年からニューヨークに住み音楽活動を聴く開始。

2002年に、ノラ ジョーンズでデビュー。第45回グラミー賞で8部門を受賞する。

オススメのアルバム

Come Away With Me

ノラ ジョーンズのデビューアルバムにして最高傑作と言われている。1000万枚を超える大ヒットアルバム。

まとめ

いかがでしたか?

ノラ ジョーンズは、キース リチャーズとのLove Hurtsのデュエットの動画でも素晴らしいボーカルを披露しています。

このライブ映像は、2004年に行われたトリビュートコンサートので模様。

キース リチャーズがグラム パーソンズと1968年に出会い、1973年9月19日にグラムが亡くなる迄親交があったため、キースも参加したのですね〜〜

話を戻しますが、ノラ ジョーンズは、サウンドを聴くと、カントリーの影響が伺えますね〜〜

まだまだ若いのでこれからが楽しみなシンガーですね!

参考書籍

Posted from SLPRO X for iPhone.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク