jazz名盤・甘くて可憐な歌声の女性jazzシンガーとは?

ステイシー ケント 、甘くて切なさもある可憐な歌声が魅力です。

ステイシー ケントのプロフィール

1968年にアメリカのニュージャージー州に生まれる。ロンドンのギルドホール音楽演劇学校卒業後は、カフェボエムでキャリアを聴き積み、1997年に「クローズ ユア アイズ」でデビュー。

ブリティッシュ ジャズ アワード、BBCベストボーカリスト賞を受賞する。2009年には、グラミー賞にノミネート。フランスの文化大臣より芸術への功労を表彰される。

現在も第一線で活躍中。

ステイシー ケントの魅力とは?

ステイシー ケントの歌声は、可憐で切なさも伴う優しい歌声です。聴いていて、とても癒される声ですね!

オススメのアルバム

Breakfast On The Morning Tram

甘く可憐な歌声が魅力のアルバム。

シンプルなアレンジが素敵です。

Breakfast On Morning Tram

In Love Again

爽やかなサウンドと、ステイシー ケントの可憐な歌声が魅力の1枚。

In Love Again

まとめ

いかがでしたか?

ステイシー ケントの可憐な歌声は、聴いていて癒されます。是非、音源を聴いてみてくださいね〜〜

参考書籍:ジャズボーカルにくびったけ

Posted from SLPRO X for iPhone.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク