ギター弾き語りを地元で3曲演奏して感じたこと

たまにですが、地元でギター弾き語りを頼まれることがあるのですが、先日もやらせていただきました。

ありがたいことです^ ^

使用ギター

ギターは、ヤマハのFG720です。数年前に地元の駅の近くの楽器屋さんで買いました。

今はこのアコギ(アコースティックギター)のみ弾いてます。

演奏リスト

最近は、ジャズを聴くことがほとんどですが、

ギター弾き語りは、みなさんがよく知っている昭和のフォークソングを中心にセレクトしてます。

先日は、下記の曲を演奏しました。

  • 季節の中で(作詞作曲:松山千春)
  • ふるさと(作詞:高野辰之、作曲:岡野貞一)
  • さらば青春(作詞作曲:小椋佳)

リスナーの年齢層は、20代〜80代までと広かったので、なかなか選曲は難しいですが、どの曲も世代を超えて親しまれる良い曲ですのでセレクトしました。

ふるさとは、80才になる大先輩と共演しました。

その方はハーモニカを吹いてくれました。

ライブは生ものなのでいろんなことが起きます。

音合わせを事前にしてなかったので、キーが合わないというハプニングがありましたが、そんなことも楽しみました^ ^

ギター弾き語りをして感じたこと

音楽はやっぱりライブが一番なんですよね。

自宅や通勤途中に聴くのも良いですが、やっぱりライブが一番楽しいし、勉強になります。

それに、発表する機会をいただくと練習しますのでギターが上達します。自宅でただ楽しんでるのも良いですが、やっぱり誰かに聴いて欲しくなりますよね?大好きなローリング ストーンズのギタリストのキース リチャーズも言ってますが、バンドが続いてる秘訣はライブを大事にしているから的なことを音楽雑誌のインタビューで読んだことがあります。

それは彼らが証明していますよね?

わたしも、音源で聴くだけではなく、ライブに行くことは大事だし、ライブに行くと新たな発見もありますのでそれも楽しいのです。

まとめ

いかがでしたか?

ギター弾き語りを楽しんでますか?

もしあなたがギター弾き語りをしたかったら是非、やって見てくださいね〜

「でも、もう40すぎだし遅すぎやしねーか?」

と思われているあなた、全然大丈夫です!

もし何か質問等があればメールフォームにメールいただければ、お答えできる範囲で回答させていただきますね。私と一緒にギターライフ楽しみましょう!

私のもう一つのブログ

40すぎからのアコギ入門.com

も是非読んでみてくださいね〜

アコギの基本からコンテンツを用意してます。

Posted from SLPRO X for iPhone.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク