25th Sakeism 正雪&麓井 SAKE&JAZZでjazzと日本酒を堪能

日本酒とjazzのコラボ。

そんな面白い企画の会に参加してきましたので模様をエントリーします。


日本酒は、静岡の正雪の社長と山形の麓井の専務がそれぞれの日本酒のことを解説してくれました。その後、蔵の何種類かの日本酒を順番にわたしたちに提供してくれました。

こちらは正雪の仕込み水です。

静岡と山形の日本酒はそれぞれ特徴が違い、どちらも美味しかったです。

料理も美味しく日本酒の味が料理によって味が変化する楽しさも味わえました。

JAZZは、

Pf 福田重男 Gt 高内春彦 Vo マミコ・バードのメンバーで、JAZZスタンダードを中心に素晴らしい演奏でした。

福田さんのピアノはとにかく繊細な音で、素晴らしかったです。

先日、9月6日に発売された新譜の

「Old Boy’s Dreams」を会場でサイン入りで入手できたのもラッキーでした。

高内春彦さんは、あの大女優の松坂慶子さんのご主人で、今回はじめてギターを聴きましたが、

優しい高内さんのお人柄が出てる素敵な音色でした。

マミコ バードさんは、リズム感抜群のボーカルでわたしたちを楽しませてくれました。

セットリストは、

1 I Left My Heart In San Francisco

Come Together

2 Skylark

Speak low

3 East Of The Sun

Route66

ジャズスタンダード曲の代表作たちでした。

どの曲も素晴らしい演奏でした!

まさに、日本酒とJAZZの素晴らしいコラボ。

昨夜で2回目の参加でしたがまた次回も行きたいです。

たまたま左隣に座られていた方が作家の

古川 修先生で、「世界一旨い日本酒」、

「蕎麦屋酒」(いずれも光文社知恵の森文庫)を二種類、五冊づつ持ってこられていましたので、

「蕎麦屋酒」を購入し、古川先生のサインをいただきました。

余談ですが、二次会に行き、電車で帰宅しようとしましたが寝てしまい、気づいたら東十条ですでに終電は無く、十条駅のそばの某居酒屋で朝まで寝て始発で帰宅しました…

また…

やってしまった…

まとめ

主催:Satomi Takahashi

参加蔵元:静岡の正雪の社長、山形の麓井の専務

会場:マックスキャロット

豊島区目白3-16-16 広運ビル1F 

(Tel)03-3565-3668

Posted from SLPRO X for iPhone.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク