ロレツ アレキサンドリアのDeep Rootsはトランペット入りの素晴らしいサウンドが心地良い

こんにちは〜〜キース@jazzスタンダードです!

ロレツ アレキサンドリアは、黒人ながら、さらっと聴くことができる素晴らしい歌唱です。

今日は、そんなロレツ アレキサンドリアのアルバム「Deep Roots」をシェアしますね〜〜

では行きましょう!

Deep Roots/ロレツ アレキサンドリア

ロレツ アレキサンドリアのアルバム「Deep Roots」は、ハワード マギーの渋いトランペットが入っているところが素敵です。

料理に例えると、絶妙なスパイスという感じですかね。

サウンドが心地良いので聴いていて癒されますし、程よい哀愁が漂う雰囲気も良いですね〜〜

  1. nature boy
  2. I was a fool
  3. No Moon at all
  4. spring will be a little late this year
  5. softly as in a morning sunrise
  6. Detour ahead
  7. It could happen to you
  8. Trav’lin’ Light
  9. Almost Like being in Love
  10. I want to Talk about You
  11. Traveling down a Lonely road
  12. Love Look away
  13. The end of a Love affair
  14. Baltimore oriole
  • Lorez Alexandria(vo)
  • Howard Mcghee(tp)
  • John Young(p)
  • George Eskridge(g)
  • Israel Closby(b)
  • Vernell Fornier(ds)

ロレツ アレキサンドリアのプロフィール

1929年8月14日アメリカのイリノイ州シカゴ生まれ。

教会の合唱団でゴスペルを歌い始める。

1957年にキング レコードと契約。

ファースト アルバムをリリースする。

1959年にセカンド アルバム「Lorez sings pres:A tribute to Rester Young」をリリースし好評となる。

その後、「The Band swings,Lorez sings」では、フルオーケストラをバックに素晴らしい歌唱でファンを魅了した。

1964年には、ロサンゼルスに移り、代表作の「ザ グレイト」と「モア ザ グレイト」をリリースする。

1993年に「star eyes」をリリース後に、脳血管障害で倒れその後引退。

2001年に逝去。

まとめ

いかがでしたか?

ロレツ アレキサンドリアは、エラ フィッツジェラルドやカーメン マクレエの存在に埋もれがちですが、音源を聴けばわかりますが、とても素晴らしい歌唱です。

是非聴いてみてくださいね〜〜

Posted from SLPRO X for iPhone.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク